Business Man

注目記事

交通事故の解決

交通事故に巻き込まれてしまった時は、加害者が加入している保険会社との話し合いをしなければいけません。基本的に被害者側の保険会社が入り込むことはできませんので気をつけましょう。

詳細を読む

相続と仲裁

相続とはいつの時代もトラブルの引き金になりかねません。大人のトラブルであるため第三者による公平な仲裁が必要になります。その仲裁役として弁護士があり、弁護士では日々相続トラブルを解決しています。

詳細を読む

コンテンツ

弁護士の職業

弁護士とは弁護を行う職業のことを指します。裁判などでよく見るように、弁護する場は裁判所であり、様々な方の弁護人となります。弁護士になるには資格を取得する必要があり、司法試験をパスすることで取得できます。

詳細を読む

相続税とは

相続税とは、人が死亡した時に財産が移転することに着目した課税制度で、例えば親が亡くなって資産を受け継いだ場合や、家族から生前に財産を受け取った場合に課税される制度です。相続税の基本的な考え方は、富の再分配を目的としています。偶然に受け取った不労所得が、特定の人に集中してしまうことを抑えて、貧富の格差が拡大しないようにする為と言われています。 相続税は、相続財産が一定以上となる場合のみ支払う必要がありますが、相続する人の経済状況に配慮した控除制度もあります。基礎控除や特例の控除制度を活用する為にも、事前に相続税額をシミュレーションして対策を取る必要があります。相続税を申告する時の税理士報酬の相場は、相続財産の1%程度となります。

相続税の税理士報酬は、以前は税理士法に定める報酬規定で一律に定められていましたが、現在では廃止され価格競争が始まっています。例えば、税理士法人での初期の相続相談や、相続税のシミュレーションは無料で受けられる所も出てきています。 税理士報酬自体も価格競争の中で多様化していて、例えば割安な基本料金とオプション費用に分けた料金表が提示されている所もあります。但し、非上場株式や複雑な不動産など、申告の難易度が高い業務は税理士の力量が問われる所であり、ある程度の費用を捻出してでも対策した方がいいので注意が必要です。 自分で相続税のシミュレーションをするか、税理士法人の無料シミュレーションを受けて、基本料金以外にどれだけ相続費用がかかるか早めに把握しておくことが大事です。是非一度検討してみてはいかがでしょうか。