弁護士の職業

弁護士とはいったいどのような仕事か

弁護士という言葉は一度は皆さんも聞いたことがあるとおもいます。題材にしている映画やドラマなども数多くあります。 しかし、私たちが普段の生活で弁護士と係るということはあまりないと思います。 一生のうちに一度お世話になることがあるかどうかだと思います。 さて、そんな弁護士とは一般的にはどのような仕事をしているのでしょうか。 基本的には、何かトラブルに巻き込まれた場合あなたを守ってくれる役割をするのが弁護士です。 たとえば、離婚したいがしてくれないのであなたに代わって話し合いをしたり、交通事故にあった場合に、あなたに代わって慰謝料の請求などをしてくれます。 では、弁護士になるにはどのようなことが必要なのでしょうか。

資格を取るためにはなにが必要か

弁護士になるには、まず司法試験に合格しなければなりません。 この言葉も良く耳にするかもしれません。 しかし、司法試験に合格してからさらに2年間研修を経て、さらに試験に合格する必要があります。 また、司法試験を受ける受験資格にもさまざまな制限があります。 例えば、法科大学院の卒業資格がなければならないことが受験資格にあります。 また、高校卒業の資格のみでは司法試験は受けることができません。 その場合は、司法試験予備試験に合格しなければなりません。 このように、弁護士になるためには何年間もの勉強が必要になります。 しかし、世間の皆様の役に立てる仕事だと胸を張ることもできます。 もし、弁護士を目指そうとしている方が居れば、ぜひ頑張って試験合格してほしいです。