交通事故の解決

交通事故と弁護士の関係

交通事故でケガをして被害者になった場合は加害者の保険会社と交渉を行うことになります。被害者側の保険会社は間に入ることが出来ません。これは約款で規定されているためですが、このような約款が定められているのは弁護士以外の者が報酬を得て他人の法律行為に介入することが法律で禁じられているためです。なので交通事故の被害者になった場合は自ら示談交渉を行わなければなりませんが、どうしても誰かに頼みたい時は弁護士に依頼することになります。それ以外に示談交渉を行う示談屋さんも過去にはいましたが、今ではほとんどいなくなりました。ただしこのような人に示談交渉をお願いすると最終的にはぼったくられるため結局損をすることになります。

さまざまな注意点について

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼すると受け取る金額は増える可能性が高くなります。ただし事故状況や軽傷でほとんど通院していないようなケースはあまり金額が増えないこともあります。また、加害者が保険に入っていないような場合は、交通事故に強い弁護士を依頼したとしても加害者から取れないこともあります。裁判で判決をもらえば強制執行も出来ますが、ない袖は振れないの通り如何なる方法を取ったとしてもお金のない相手からは取ることは出来ません。なので弁護士に頼めば全ての交通事故が何とかなるとは限らないので注意が必要です。自動車保険の弁護士費用特約に加入しておくと、被害者になったときの弁護士費用を保険会社が支払ってくれるのでオススメです。